忍者ブログ
めいぽ&詩ブログですヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 願わくば少しでも楽しき一時を。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「まぁいい。いずれ戻るならよしとしようか。」
涼は開き直って口を開く。
「とりあえず俺が"何故か『低級精霊の召喚』で魔界最高格の魔女を召喚しちゃった"訳だが、ひとまず。自己紹介といこう。俺の名前は凪月 涼。凪ぐに月に涼しいでなぎつき りょうだ。そっちの名前は?まさか本当にないとは言わないだろうな?」
魔女はそれに当たり前のように口を開く。
「だからないものはない。強いて言うなら『赤の魔女』が名前だ。」
「そんな訳ないだろ?」
涼の反論に冷静に答える魔女。
「じゃあ聞こう。スライム一匹一匹に名前があるのか?」
「・・・・・。魔界に名前の概念は無いって事か。けど、そうなると生活は困らないのか?」
その問いに魔女は少し寂しそうに笑いながら答える。
「私はずっと一人だった。もし他の者に出会ったなら、それは全部敵だ。」
涼は気まずくなってそれには答えなかった。
「・・・よし。名前を着けよう。今。」
その提案に心なしか嬉しそうに聞く魔女。
「ほう。どんな名を着ける気だ?」
・・・・・・。
涼はそれに答えずテレビの前に行ってスイッチを入れる。
すると灰色の服を着た歌手が歌っている画面が出る。
「レイー♪ラー♪夢を追うのは
テレビの電源を切る。
涼が魔女の問いに答える。
「レイラだ。うん。これからお前はレイラだ。おっけ?」
魔女はそれに複雑そうに、
「今お前テレビに流れ「いい名前だろう?うん。うん。俺も必死にお前のために、いや、レイラの為に考えた甲斐があったってもんだ。」
涼が割って入って封殺。
「・・・・・・レイラか。うん。まぁ、私の名として悪くは無い。いいだろう。これからはレイラだ。」
魔女。改め、レイラは納得したようだ。
涼はまたレイラの近くに戻ると、手を出して言う。
「まっ。これからよろしく頼むな、レイラ。」
それにレイラがゆっくりと強く手を握り返す。
「あぁ。涼。お前が死ぬぐらいまではこっちに居てやろう。」
「うぇっ!?」
涼は予期せぬ言葉に変な声を上げてしまった。

+①へ続く

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[12/24 くろーど]
[12/23 アモ]
[12/23 くろーど]
[12/17 アモ]
[12/17 くろーど]
最新トラックバック
(08/30)
プロフィール
HN:
くろーど
性別:
非公開
自己紹介:
( ・ω・)∋【仮想と現実の日記】
目標は永い更新(;・∀・)
詩とメイプルですよろり(∋・ω・)∋
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]